北アルプス白馬 登山スキー情報

鑓温泉

投稿日時 2006-6-17 23:30:00
執筆者 studioM
こちらのルートも残雪が多く、ほとんどが雪上歩行です。雪解けしたところからは春の花が咲き始めており、ダケカンバの新緑が美しい。
鑓温泉の小屋は組み立て前のため、宿泊することはできません。幕営は可。露天風呂は自由に入ることができます。

【高山植物】
小日向のコルから鑓温泉の間にシラネアオイ、ニリンソウ、カタクリ、ショウジョウバカマ、サンカヨウ、エンレイソウ、オオサクラソウ、ミズバショウ、リュウキンカなどが咲いていました。特に杓子沢を渡った先の右岸にシラネアオイが群生して咲いてます。キヌガサソウは一株だけ咲いているのを見つけました。
稜線を歩いてきた登山者の話では、白馬岳周辺でツクモグサが満開、ウルップソウは一部で咲き始めているようです。

【登山道】
猿倉から鑓温泉の分岐を過ぎてしばらくは夏道を歩きますが、水芭蕉平を過ぎた猿倉台地の手前から雪上を歩くところが出てきます。雪の厚みが薄いため、踏み抜きや樹木の跳ね上がりに注意してください。
猿倉台地から小日向のコル〜鑓温泉まではほとんど雪上を歩きます。夏道はごく一部が出ている程度ですし、この時期は夏とは異なるルートを歩きますので、視界が悪い時は迷い込みに注意してください。こちらも一部で雪渓の厚みが薄くなっている箇所がありますので、雪の踏み抜きには充分注意してくだい。雪の状態も日々変化していますので、適切なルートファインディングが要求されます。
上部からの落石にも注意してください。

 山行写真   スライドショー




北アルプス白馬 登山スキー情報にて更に多くのブログを読むことができます。
http://hakuba.info

このブログのURL
http://hakuba.info/modules/weblog/details.php?blog_id=5