北アルプス白馬 登山スキー情報
  HomeWhat's NewAlbumGallerySitemapagiagi.com Login  

        白馬情報


        サイト内検索

検索オプション


        天気予報
長野の天気
9/26 :05:00 AM発表
26日(水)
曇のち雨
曇のち雨
最高気温(高) 最低気温(低)
22℃ ---

27日(木)
雨のち曇
雨のち曇
最高気温(高) 最低気温(低)
21℃ 15℃



        アクセスカウンタ
今日 : 52
昨日 : 258
総計 : 1881358
LogCounterX by taquino


        オンライン状況
2 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 山行記録 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 2

もっと...



山行記録


杓子岳 双子尾根


山域・山名杓子岳・双子尾根
山行日2005年5月25日(水)
山行形態登攀(日帰り)
行程猿倉 − 双子尾根 − 杓子岳 − 大雪渓 − 猿倉
天気晴れ
メンバー単独
歩行時間猿倉(6:50) − 双子尾根取り付き(8:45) − 樺平(9:50) − ジャンクションピーク(11:45) − 杓子岳(12:50) − 大雪渓下降開始(13:50) − 白馬尻(14:50) − 猿倉(15:40)
歩行時間 8時間50分


早朝、猿倉は濃い霧に包まれていた。少々不安に感じながら出発する。
鑓温泉の分岐から猿倉台地に抜け、小日向のコルに向かわず正面の双子尾根に直接登り詰める。 双子尾根まで登った頃に霧がとれて青空が広がってきた。予報通りこのあと天気は良くなりそうだ。 双子尾根は雪上と藪こぎが半々程度。雪の無いところはしっかりと踏み跡がついていた。1時間ほど歩いて樺平に到着。
樺平   双子尾根から見た杓子岳
樺平から上部は前日に降った雪で真っ白だ。このあたりで10cmほどの新雪。長走沢と杓子沢では表層雪崩が何回もあった。 樺平から上部は斜度が急になるうえ、両側がスパッと切れ落ちたナイフリッジなので高度感がある。ほとんど雪上を歩けたが、 雪のない岩場は岩が崩れやすく、手がかり足がかりが不安定なのでちょっと緊張した。残置ロープがあったが、古すぎてあてにできない。
岩稜を登る 登るにつれ天気はさらによくなり、右手に白馬岳、左手に白馬鑓ヶ岳、他に登る人はなく、この景色を独り占めできて快感だ。 樺平から登ること3時間、ようやく杓子岳山頂に到着。ピークに登るとやはり嬉しい。稜線は20-30cmの新雪に覆われていて、冬山のような景色が広がっていた。
下山は杓子岳と丸山の間の最低鞍部から葱平・大雪渓方面へ下ることにした。さっそくグリセードで下ろうと思ったが、 雪が深すぎて膝下までもぐるため全然進まず。仕方がないので歩いて下った。でも雪の下りは軽快で、あっという間に白馬尻、そして猿倉に到着。

  山行写真はこちら(スライドショー)

  山行記録リスト


プリンタ出力用画面 友達に伝える
前のページ
大渚山 (2006.04.01)
コンテンツのトップ