北アルプス白馬 登山スキー情報
  HomeWhat's NewAlbumGallerySitemapagiagi.com Login  

        白馬情報


        サイト内検索

検索オプション


        天気予報
長野の天気
12/15 :14:00 PM発表
15日(土)
曇のち晴
曇のち晴
最高気温(高) 最低気温(低)
3℃ ---

16日(日)
晴のち雪
晴のち雪
最高気温(高) 最低気温(低)
9℃ -5℃



        アクセスカウンタ
今日 : 69
昨日 : 60
総計 : 1891476
LogCounterX by taquino


        オンライン状況
1 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 山行記録 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 1

もっと...



山行記録


大渚山 山スキー


山域・山名大渚山
山行日2006年4月1日(土)
山行形態山スキー
行程小谷温泉 − 湯峠 − 大渚山 − 大草連
天気晴れ
メンバー白馬・小谷の山仲間5人
歩行時間小谷温泉(8:30) − 湯峠(10:40) − 大渚山山頂下(12:00-12:40) − 大草連(13:20)
 ※おまけ 大草連から真木まで35分歩いて下る


以前から一度滑ってみたいと思っていた大渚山(おおなぎやま)。今回そのチャンスが訪れた。
山行当日の天気は晴れ。前日まで3日間雪が降り続いていたので、パウダーの期待がふくらむ。今回のメンバーはテレマーカー5人。車2台で現地に向かい、 大草連への分岐点に1台デポして小谷温泉へと向かう。小谷温泉の駐車場に着いたのは8時過ぎ。既に数台の車が停まっていた。
身支度を整え、栃ノ樹亭の先まで移動。ここまでは冬期中でも除雪されているが、周囲の積雪はまだ2メートル以上もある。雪上にあがると膝上まで埋まってしまった。 雪は期待通りのパウダーだ。
新雪の中を歩く   早春の大渚山   急斜面を巻くようにして登る
先行パーティのトレースを追って林道を歩くが、途中で雨飾方面に向かっていたため、その先はラッセルとなった。小刻みにトップを交代しながら、鎌池・湯峠方面を目指す。 気温の上昇とともに次第に雪が重くなりだし、板の上やシール面にまで雪がくっつき始める。新雪は嬉しいのだが、やはりラッセルは大変だ。
鎌池の横をかすめ尾根を登りきって林道に出ると、目指す大渚山が正面に見えてくる。湯峠で小休止後、大渚山を目指す。このあたりは風の通り道で雪面はアイスバーン 気味になっているため、ラッセルもなく快適に登ることができた。小ピークを右から巻いた先は東面の風下斜面で、再びラッセル開始。30度近くある斜面を巻くようにして 進み、大渚山のピークを目指す。

大草連へ滑りこむ 稜線は風が強いため、登りは大渚山のピーク手前までとし、ここで大休止をとる。遠くに妙高山、高妻山が見え、登り始めた栃ノ樹亭もよく見える。北アルプスは 霞+雲で見えない。
お腹を満たしたあとは、いよいよお待ちかねの下りだ。大渚山・東斜面のオープンバーンを気持ちよく滑り降りる。雪はやや重めだが難しい雪質ではない。 とは言うもののテレマークスキーの技術がまだ未熟であり、雪に足をとられて何回か転んでしまう。一度転ぶと雪に埋もれてしまい、起きあがるのにけっこう苦労する。 一段滑り降りたところで西側にトラバースし、次は南東面の斜面を滑り降りる。こちらもオープンバーン。気持ちいいのだが、下るにつれて雪も重くなってくる。
その先は林道沿いに大草連へ向かい、段々畑を過ぎて無事到着。大草連からは板を担いで除雪された林道を歩くこと35分、デポした車に到着。

  山行写真はこちら(スライドショー)

  山行記録リスト


プリンタ出力用画面 友達に伝える
前のページ
赤岳主稜 (2006.04.04)
コンテンツのトップ 次のページ
杓子岳 双子尾根 (2005.05.25)